〈棄想天蓋〉:文芸とポップカルチャーを中心に

トマトです。学位は品種(文学)です。無名でも有名でもないちょうどよい塩梅の文芸作品をとりあげて雑感を綴ることが多いです。レコードが好きです。

百田夏菜子講演会についての雑感

* 昨日、札幌医科大学で催された、ももいろクローバーZのリーダーである百田夏菜子さんの講演会もとい「授業」を聴講してきました。

続・平気で生きるということ

(承前) * 重病人の日記ながら全体としてはあまり悲壮感はありません。 どこか間が抜けていて、どうでもいいような日常的な話題も多く挿まれます。 このふしぎな暢気さが実に魅力的です。

平気で生きるということ:正岡子規『仰臥漫録』(1918)

* 作家の日記が好きで、ときおり読みたくなります。 宮澤賢治がその類を遺していないのが残念なのですが、近代作家の日記というと正岡子規の『仰臥漫録』と石川啄木の『ROMAZI NIKKI』が双璧ではないでしょうか。 わたしは前者がとくに好きで、何年かおきに…

ヴィヴィッドな世界

* 昨日の昼頃に論文を一つ脱稿し、送付しました。 指定された論題が「震災と文学」についてであったので宮澤賢治と文明について書きました。 その夜に熊本を中心とする大きな地震が起こり、いろいろなことを考えさせられます。

六号雑感

* 宮澤賢治の学会、研究会に入会すると機関誌や会報の他に種々のちらしの類が郵送されてきます。 多くは演劇やコンサートの案内なのですが、わたしの住んでいる地域で催されるものは少ないためさっと眺めてこういうものがあるのだなと確認するだけのことが…

砂 三篇

「3月9日」

* 高城さんのソロコンサート、さくさく夢楽咲喜共和国のLVにひっそりとお邪魔させていただきました。 れにちゃんは実にれにちゃんで、ほんとうに素敵なイベントでした。

ドキュメンタルな《僕ら》/フィクショナルな《私たち》

* 『AMARANTHUS』と『白金の夜明け』が発売され、DOME TREKも三分の一が終りました。 それらに合わせてTV番組への出演も久々に多く、録ったものをひたすらにリピートして観ています。 音楽番組では『あたしの音楽』での「マホロバケーション」、とくに《ニ…

憂気世の絵葉書

* 近代日本の勉強をする際に、世相や風俗の参考になるのは絵葉書です。 百貨店や博覧会、地下鉄駅などさまざまな新しいものが絵葉書として発売されました。日露戦争のあたりからは出征兵士に送る美人絵葉書も人気でした。 近世はもちろん浮世絵です。 たと…

Cry Baby Cry、オギャー!

* ももいろクローバーZの新しいアルバムがついに発売されます。 3rdと4th、モノノフであれば一日に二千回くらい目にしているかもしれないお馴染のタイトル、『AMARANTHUS』と『白金の夜明け』です。 それぞれのアルバムから「WE ARE BORN」と「マホロバケー…

米袋のプリマドンナ

* 講義の最終回のあたりに、映像資料を用いることがしばしばあります。 歴史や文化に関する講義では視覚的に確認することで理解が深まる場合が多いためです。画像もよいですが動画だとよりインパクトが強く、印象にも残りやすいようです。

北園克衛、聡明な水晶の脳髄またはフラスコの中の湖

* 意味によつてあまりにも混乱した詩は、すべての葉を失ふかはりに、無作法な雀らの群集する一本の木を思はせる。 * 文学に於て、書かれた部分は単に文学に過ぎない。書かれない部分のみが初めてポエジイと呼ばれる。フロオベルが詩人であったのは、フロオ…

竹中郁、リリカルなモダニスト

* 一つ前の記事のなかで『詩と詩論』に言及したところ懐かしさを覚え、久しぶりに何冊か開いてみようとおもい立ちました。 読み進むうちに線を引いた箇所などにあたり、かつて考えたであろうことを朧げに憶い出しました。

ことばで世界を凍らせるということ

* 年末年始に、すこしまとめて前衛俳句を読みました。 ふり返ると昨年は詩にあまり触れずに過ごしたということにおもい至ったためです。 ゆっくりと短詩について考えたくて俳句を選びました。

「玉井詩織」についての雑感

* 好きなものについて記してから年を越したいとおもいました。 このblogには「文芸とポップカルチャーを中心に」という副題をつけてみたのですが、気がつけば文芸とももいろクローバーZが中心になっており、なんだったらば「ももクロ」とタグ付けされた記…

六号雑感

* 根が暗いので、ほんのりと翳のある音楽を好んでいます。 近年はポップで明るく、かわいらしい曲も随分と聴くようになりましたが、気を抜くと休日なぞに日がな一日ベッドのなかで、Syd Barrett の The Madcap Laughs あたりを聴きつづけてしまいます。 (…

幕は必ず閉じるもの、そしてふたたび上がるもの

* ああ、閉幕[カーテン・フォール]――。 昨夜の帰路、こんな大時代がかった句が浮かんできました。奇書として知られる小栗虫太郎『黒死館殺人事件』に登場する句です。 とうとう月刊TAKAHASHIが終ってしまいました。

Project - Itoh という計画についての雑感

* 先日、Project - Itoh の映画『ハーモニー』を観ました。 わたしは原作が好きで、重要な作品だとおもっており、四年ほど前から講義で扱うなどもしていました。それもあってこうした形で映画が公開されたことを残念におもいます。 遡れば映画『屍者の帝国…

くじるら くじる えろらる らなる らな なや:大原まり子「銀河ネットワークで歌を歌ったクジラ」(1982)

* クジラが船に見立てられ、そして空を飛ばされるというのはSFでよくみる光景です。 形体やスケール感からしてごく自然な連想であって、『ドラえもん のび太の小宇宙戦争』のようにクジラ型の宇宙船が登場したり、B・スターリング『塵クジラの海』のように…

ふしあわせという名の黄色い猫がいる

* 一昨夜の『ももいろフォーク村』はいつになく内容が詰まっていたようにおもいます。 いずれの曲もみな印象深く、全体として渾沌とした、素晴らしい回でした。

アブノーマルな、余りにアブノーマルな:A・チュツオーラ『薬草まじない』(1981)

* 九月に文庫化された、エイモス・チュツオーラの『薬草まじない』を読みました。 岩波文庫では『やし酒飲み』につづき二冊目、ちくま文庫の『ブッシュ・オブ・ゴースツ』を含めると三冊目の文庫化です。わたしはチュツオーラをそれほど読んでおらず、文庫…

六号雑感

* 眠るのが朝になったときに聴きたくなる曲です。 このMVも何度でもリピートしたくなるけれど、やっぱりそもそもの曲自体が素晴らしい。 www.youtube.com イスラエル出身の Oren Lavie はアルバムを一枚しか出しておらず、それもどうやら廃盤となっているよ…

理外の理、マジックリアリズムのような:『今昔物語集』

* ラテンアメリカ文学が好きなので月に一冊くらいはそうした本を読みます。 新しい本にも手を伸ばしますが、コルタサルなどをぱらぱらと再読することが多いです。 世にラテンアメリカ文学の愛好者は多く、現実やネット上で頻繁に出会うのですが、意外と日本…

「良い夜を持っている」

* 不思議な縁で、中学、高校、大学と教えることになった学生がひとりいます。 中高ではそれぞれ半年ばかり塾で担当し、大学では初年次の基礎演習で担当しました。 わたしのいる大学の同じ学部学科に入学し、さらに十クラスほどあるなかピンポイントでわたし…

未来としての日本の起源:B・スターリング「江戸の花」(1986)

* かつて、SFはよく日本を舞台としました。 いまでもそうした作品はなきにしもあらずですが、サイバーパンクの時代であった80年代には日本こそが未来であるとして、あるいは未来とは日本であるとして、日本的なものや日本そのものを描くことが定番化しまし…

「羊をめぐる冒険」:ラムとビールと、玉井さんが

* 年に一度の恒例となったももいろクローバーZの24時間USTREAM生放送が終りました。 作業のために中座をしたり仮眠をとったりとしたために完走は果たせませんでしたが、3/4程度は視聴することができました。観るだけでもすこしは疲れてしまうので、出る側…

何とも云へずさびしい気がして

* ひょんなことからある方に教えていただき、毎週水曜日に放送されているBS-TBSの音楽番組『SONG TO SOUL』を視聴するようになりました。 各回60-80sの洋楽のヒットソングを一つ取り上げ、その曲にまつわるエピソードや関係者のインタビューを一時間も放送…

虚構また虚構、あるいは終りのない虚構:M・ブルガーコフ『劇場』(1966)

* ブルガーコフの『劇場』を読みました。 白水社から出されていたシリーズ「20世紀のロシア小説」(全八冊)の一つであり、数年前に大学図書館の除籍図書を揃いで入手して以来、本棚の隅に積んだまま忘れていたものでした。 門外漢なので批評以外のロシア文…

ロマン化される結核、そして軽井沢

* NHKの『ブラタモリ』が好きで、欠かすことなく録画しています。 その地域の地形的な成り立ちを重視し、古地図とその痕跡を足掛かりとして散策を進めていく点がとてもおもしろいです。本筋とはなんら関わらない真空管についての雑談などのノイズが挿まれる…

〈孤独〉の遷移:宮澤賢治・谷川俊太郎・高橋さおり

人類は小さな球の上で 眠り起きそして働き ときどき火星に仲間を欲しがつたりする 火星人は小さな球の上で 何をしてるか 僕は知らない (或はネリリし キルルし ハララしているか) しかしときどき地球に仲間を欲しがつたりする それはまつたくたしかなこと…

語りの彼方にあるオモチロサへ:森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』(2006)

* 専門が近代だということもあって最近の小説はあまり読みません。 SFが好きなのでそうしたものを趣味的に読むか、必要に迫られて勉強のために読むかくらいです。 後者の一つとして数年前に森見登美彦の作品をまとめて読みました。 一作目の『太陽の塔』で…

六号雑感

* 家に籠って作業をしているうちにいつのまにやらもうお盆でした。 お盆になるとハリー細野の唄う「つめたく冷やして」が脳内でエンドレス再生されます。 つめたく冷やして 飲もうぜ麥酒[びいる] 冷たくしなけりゃ 飲んでも美味くない Don’t be cruel to a …

『ももいろフォーク村』についての雑感

* きょうの夜に、ついに『ももいろフォーク村デラックス』が開催されます。 沢山のゲストとのコラボレーションが企画されているので愉しみです。 きくちPのtwitterをみるに、その一つとしておそらく『ユリ熊嵐』のOP曲であったボンジュール鈴木「あの森で待…

ロジカルであってもリリカルであるに違いない:円城塔『烏有此譚』(2009)

* hontoからのDMで円城塔の新しい短篇集が近刊であることを知りました。 さほど熱心な読者でないわたしは雑誌掲載の連載や読切を追っているわけではないため、未読の作品をまとめて読むことができるのはなかなかに愉しみです。 『シャッフル航法』の刊行ま…

すこしふしぎ:中井紀夫「見果てぬ風」(1987)

* おそらく一年ほど前から、書店で筒井康隆『旅のラゴス』を頻りと目にするように感じていました。 壁面でピックアップされていたり平積みにされていたり、なぜか目立つ場所に置かれていることが多く、ときにはポップまで付されており、何事であろうか、改…

このぼんやりと白いもの

* 宮澤賢治の童話「銀河鉄道の夜」は、ジョバンニとカムパネルラが天の川に沿って走る鉄道で二人旅をする物語です。 そしてそれは牛乳をめぐる物語でもあります。 その夜のジョバンニの旅は母のために牛乳を取りに行くことからはじまり、その胸に牛乳を抱く…

「われに五月を」

* もとから五月が好きでした。 初夏に向かいみどりが芽吹く気候にこどもの頃はわくわくとしました。四月の、雪がすべて融けきってしまうそのすこし前も好きでしたが、日ざしの心地よさを感じはじめる五月がとても好きでした。

『幕が上がる』についての雑感

* 先日のことです。 大学一年生の子とちょっとお話をしていたところ、おもいがけず高校演劇の経験者であったという情報がとび出してきました。 その前にもたしか演劇に関心があるというようなことを聞いた覚えがあったので、当然のように、さりげなく、実に…

ももいろクローバーZについての雑感

* ももいろクローバーZを好きになるということは六月を好きになるということでもあるとおもいます。 そもそも六月は、必ずしも好まれてはいない月でしょう。 一年のなかで唯一祝日がなく、学生をはじめとしてカレンダーに沿って生活をする、もしくは仕事を…

Some Kinda Remembrance

* 夜に音楽を聴く時間が増えました。 十代の後半から二十代の中盤にかけてせっせとアナログレコードを集めていました。 それが大学院に入ったあたりからは金銭的な都合であまり買えなくなってしまいました。次第に欲しいものの多くが高価になってきたし、ア…

「みゝずのたはこと」

* あまり哀しんでいると犬も安らかに眠っていられないかもしれないので、笑っている写真などをみてたのしかったことを憶い出しています。よい笑顔です。 動画を撮っておけばよかったです。写真はたくさんあるけれど、声を聴きたくなってきます。

「荒涼たる帰宅」

* 犬の手術があった翌日に講義で高村光太郎の『智恵子抄』を扱いました。 この詩集の全篇を通して、妻を看取るそのときまで夫たる「私」が傍観者でしかいられなかったという側面を焦点化し、介護や看護に携わる余地の少ないシチュエーションについて考える…

指を噛ませる

* ふたたび、飼っていた犬の話です。 躾には困りませんでした。とてもおとなしい、のんびりとした犬で、教えたことをすべて覚えてくれました。歯磨きをするとき、あるいはピックで歯石を削るとき、口の中に指を入れても動かずにじっとしていることができる…

「犬と私」

* 十歳になった犬を飼っています。

境界としての〈へり〉:天沢退二郎『光車よ、まわれ!』(1973)

* 昨年であったか一昨年であったか、すこし前のことになりますが『電脳コイル』を視聴しました。 2007年にNHKで放送され、日本SF大賞を取ったことでも話題となったアニメです。評判のよさは知りつつもタイミングを逃してしまったことと絵柄の印象で未見でい…

六号雑感

* 四月になりました。 年度が替わるタイミングで作業がたてこみゆっくりと物をおもうことができていなかったのですが、ようやくに落ち着いて大変なことにあらためて気がついてしまいました。 あーりんこと佐々木彩夏さんが社会人。 大学のキャンパスを歩く…

ポップカルチャーとサブカルチャーのあわいに

サブカルチャーという言葉を使うとき、どうしても違和感を感じてしまう人は多いのではないだろうか。サブというからにはメインカルチャーがあるはずだ。でもそんなものどこにあるのか。確固として揺るがないメインカルチャーなんて、かつてはあったのかもし…

吉岡美佐子に寄せる

* 先日の詩「告別」についての記事にすこしだけ補足をしようとおもいます。 宮澤賢治にはもう一つ、農学校の教え子を念頭に置いて書かれた詩があります。「生徒諸君に寄せる」という断片的なメモのようなものです。 この四ヶ年が わたくしにどんなに楽しか…

六号雑感

* blogをはじめて一週間とすこし、twitterをはじめて二週間とすこしが経ちました。 この間に四つの記事を書いてみたのですが、その四つ目がおもいもかけずにたくさんの方に読んでいただくところとなり、大変に驚きました。

高橋さおりへ吉岡美佐子から / 沢里武治へ宮澤賢治から

おまへのバスの三連音が どんなぐあいに鳴ってゐたかを おそらくおまへはわかってゐまい その純朴さ希みに充ちたたのしさは ほとんどおれを草葉のやうに顫はせた もしもおまへがそれらの音の特性や 立派な無数の順列を はっきり知って自由にいつでも使へるな…